全館空調をすることで、自宅のなかの温度差がなくなることで季節に関係なく快適に生活をすることができるため必要です。夏の暑い時期には涼しく過ごすことができたり、真冬の寒さが厳しい時期には温かく感じることができるということで、それぞれの季節にあったメリットがあるからです。部屋のなかの温度差を感じてしまうと、とくに高齢者の方が一緒に住んでいる場合などは温度差を感じることで血圧の変動が激しくヒートショックを起こしやすい場合もあるようです。暖房などで暖かい部屋から寒い場所に出たりすると、部屋の温度が低下をしたことから血圧が変動して体にとって悪影響を及ぼすことがあるということです。このようなことを防ぐためにも全館空調をすることで、それぞれの部屋の温度差を感じさせないことができることや冬の寒い時期や夏の暑い時期などの暑さや寒さが苦手な人にとっても、季節に応じて快適に過ごすことができるということで利用する価値はあるでしょう。