2016年 10月 の投稿一覧

リフォームのトラブルはこうやって防ぐ

設備が古くなったり、水漏れなどが発生したりすると、修理やリフォームの必要が出てきます。部分的な修理やリフォームのトラブルが多いので、契約をするときには注意が必要です。水漏れの対策は、数百円のゴムパッキンを交換すれば直ることがありますが、交換しないと直らないなどと高額商品を売ってくる場合があります。金額が高い場合は、その場で契約することをせずに、他の会社にも相談することをおすすめします。新聞広告などに入ってくるチラシには、何%OFFなどといったお得なプランが並んでいます。ところがチラシの下に小さな文字で別途工事費が掛かりますなどと書かれていたりします。他の会社よりもすごく安い場合は、商品の代金のみで工事費が含まれていない場合があります。なかには取り外した設備の撤去費を含まずに提示されて、あとから高額の処分費がかかってしまったなんてこともあります。リフォームには、商品のほかに取付工事費や処分費などの費用がかかることを覚えておいて、全ての費用で考えるようにしましょう。

工務店に依頼するメリットデメリット

工務店のメリットは、一般的に設計の自由度や建築コスト、アフターメンテナンスなどが列挙される事が多々ありますが、1番のメリットは地域密着型の経営手法にあります。注文住宅は、大手ハウスメーカーの企業規模に対する安心感から建築依頼する方が大多数ですが、実際大手ハウスメーカーの住宅に対する施主の本音を聞く事が出来ませんが、工務店の場合建築実例が建築用地の周辺に数多くあるので、工務店の住宅に対する不満や賛美を実際に聞く事も可能であり、工務店の良し悪しの判断がし易いメリットがあります。しかし、工務店は事業規模が小規模な為に倒産のリスクも高く、大手ハウスメーカーの様に長期保証する事が出来ず、日本住宅保証検査機構など第三者機関の保証で10年程度対応するのが精一杯なデメリットがあります。又、モデルハウスや企画商品が無いので完成時の建物をイメージし難く、工場生産する事無く完全な現場施工なので、施工期間が長く建て替えの場合には仮住まいの費用など余分に費用が必要となるデメリットもあります。

家づくりの進め方2

家づくりの進め方として大切なのが、家についての知識をきちんと身に着けることです。
特に注文住宅を新築で注文する場合には、この知識の有無が仕上がりを大きく左右するといっても過言ではありません。
まず、住宅には建築方法がいくつもあります。
一般的な木造建築の他に、鉄骨を骨組みとした軽量鉄骨、海外からの手法が定着した2×4や2×6法、他にも木材と鉄骨を組み合わせた柱を独自に開発しているハウスメーカーなどもあります。
それぞれの建築方法には、メリット・デメリットがあります。
強度の問題であったり、断熱性の問題だけでなく、建築方法によっては一定の間隔で柱が必要となるので、大きな空間作りが出来ないケースもあります。
それぞれのメリット・デメリットを把握することで、自分たちの希望している家づくりに近いハウスメーカーを絞ることができます。
骨組みの部分は後から変更が出来ない部分でもあるので、慎重に選択することが大切です。

家づくりの進め方1

注文住宅を新築で購入することは、多くの人の夢でもあります。
人生において、最高額の買い物となるということもあり、失敗のない建て方をしたいものです。
そのために知っておきたいのが、家づくりの進め方についてです。
まず、注文住宅を新築で購入したと思ったら、どのような家にしたいのかという点を考えることから始めましょう。
断熱性を重視した家や、大きな地震がきても耐えられるような強さのある家、木のぬくもりを感じられる家など、住む人の希望であったり、イメージしていることをまとめていきます。
ある程度のイメージが固まったら、住宅展示場などを回って、自分の理想に近いハウスメーカーなどを探しましょう。
ハウスメーカーごとに、力を入れているポイントや、強みが異なります。
きちんと説明を聞いて、住宅の骨組みの部分の工夫や、ハウスメーカーごとの特徴をしっかりと聞いておきましょう。
見た目だけでなく、骨組み部分にも注目してみましょう。

失敗しない土地探し2

注文住宅の工務店は、地域に密着して営業しています。地域ならではの気候の特性も把握しています。どのような気候なのか特色を把握していると、木造建築の一戸建てにとってメンテナンスしやすい土地と、改善の必要がある土地を見分けてもらえます。新築する予定が注文住宅ならば、工務店に土地探しから相談しましょう。施主が自分で探してきた購入候補地があるのなら、診断してもらうのも良い方法です。地盤は強化工事で改善できますが、地域全体が粘土質であったり湿地帯だった場合は、敷地面積だけを改善したとしても、やがて周辺環境の影響を受けて、一戸建てが沈みやすくなってしまう場合があります。工務店に土壌を診断してもらってから、将来のトラブル予測をしてもらい、土地選びの参考にすると良いでしょう。建物は経年劣化してもリフォームできますが、粘土質で柔らかい土壌は、土地の入れ替え工事や、砕石の混ぜ合わせだけでは改善しきれない場合もありますので、工務店に診断してもらったほうが確実です。

失敗しない土地探し1

注文住宅で一戸建てを新築する場合は、土地探しも工務店に相談しましょう。注文住宅は、工務店ごとに個性があります。個性に合わせて、しっかりとした土地を選べば、末永く安全に暮らせます。新築は設計から施工まで、一貫性を持たせられるので、最初がポイントです。しっかりと施主と工務店と話し合う時間を確保しましょう。施主が土地を探すと、敷地面積の広さや、交通の利便性に注目しがちなのですが、工務店は安全性を重視します。その場所に自社の注文住宅を建築しても、トラブルが発生しないかを基準にするからです。トラブルとは建物の沈下や傾斜です。地盤が弱いと建物が沈下します。経年劣化はリフォームで修繕できますが、沈下や傾斜は修繕が困難です。地震が発生したときは液状化現象の懸念も出てきます。これから新築したい注文住宅の一戸建てを建築したときに、沈下や傾斜が発生しないように、まずは基本的な土壌を調査して、必要に応じて地盤強化をしてもらいましょう。地盤強化できる土地であれば、安全です。

新築の土地探しについて2

これから一戸建てを新築する場合に、二世帯同居を検討しているのならば、三重の注文住宅の工務店に相談すると良いでしょう。注文住宅は施主の希望を丁寧に聞きながら親身になって一戸建てを建築してくれます。土地探しから相談すると、工務店ならではのプロの視点で、厳しく土地を精査してもらえます。二世帯同居できる一戸建ては、ある程度の延床面積が必要と言えます。100平方メートル以上の延床面積が確保されていないと、窮屈な住み心地になります。できれば120平方メートル以上の延床面積を確保したいところです。建ぺい率から逆算すれば、二世帯住宅に必要な敷地面積を計算できます。注文住宅の工務店は、建築した一戸建てのイメージから、必要な敷地面積と地盤強度を計算できます。工務店に相談すれば、土地の見分け方や、現実的に必要な敷地面積を把握しやすくなります。注文住宅の工務店には地域のネットワークがありますので、地主経由で土地を紹介してもらえる可能性もあります。

新築の土地探しについて1

眺めの良い高台に一戸建てを新築したい場合は、傾斜地も含めた土地探しをしてみましょう。傾斜地は住宅地の造成のために、切り土をしたり盛り土をしたりして、土地を整備しています。道路は坂道で傾斜がありますが、一戸建てを建築する敷地は水平です。注文住宅を選ぶときは、一戸建てが沈下したり傾斜したりしないように、しっかりと重量計算をしてもらいましょう。延床面積が120平方メートル以上ある一戸建てを新築する場合は、コンクリート基礎を施工する前に、基礎の下となる場所に砕石を混ぜた地盤強化を施工しておくと安心です。砕石を混ぜると、土壌の排水性も高くなります。粘土質の土壌の場合は、湿気対策としても効果的です。注文住宅の工務店は土地探しにも協力的ですから、まずは相談をしてみて、切り土と盛り土の見分け方や、地盤強化対策も含めて、どのような工事が可能になるかを確認しながら土地を選びましょう。傾斜地は敷地全体の日当たりが良い場合が多く、快適な住まいに仕上がります。

火災保険料が安くなる省令準耐火のメリット・デメリット

省令準耐火構造は、住宅金融支援機構が定めている耐火性の基準に適合する住宅のことをいいます。注文住宅などを建てる際には、誰しも住宅ローンの借り入れをするものですが、このような仕様であれば、フラット35などの住宅金融支援機構がかかわっている住宅ローンの金利を有利に引き下げてもらうことができるというメリットがあります。しかし、省令準耐火構造にするメリットというのは、これだけではなく、たいていは住宅ローンとセットで加入することになる火災保険の保険料を引き下げるというメリットもあるのです。火災保険というのは、住宅が火災に遭って損害を出しやすいリスクをふまえてその保険料が決定されるしくみですので、注文住宅として最初から火災の被害が出にくい省令準耐火構造にしてしまえば、保険料は通常の半分かそれ以上まで割引されることになります。ただし、省令準耐火構造にした場合には、建築費用が若干高くなってしまう可能性があるというのがデメリットといえます。

注文住宅で土地を選ぶには

地震対策のためには少しでも地盤が強いほうが安心ですが、地盤は人為的に強化も可能だと覚えておきましょう。一戸建てを新築するために土地を探すときに注意したいのが、地盤調査がされているかどうかです。不動産会社の仲介物件は、必ずしも地盤調査済みとは限りません。地盤調査済みであっても、データが公開されていない場合もあります。注文住宅の工務店に土地探しを依頼すると、一戸建てを新築する前に地盤調査を行います。地盤調査済みの場合は、データを提示してもらえるので信頼できます。注文住宅の工務店は、安全に暮らせる住まいを実現するために、コンクリート基礎を施工する前の段階で、地盤調査と地盤強化対策を施工します。地盤強化対策が必要のないくらいに地盤が強ければ、データとして提示してもらえるので安心です。注文住宅は長く暮らし続けられる住まい作りのために、安全に一戸建てを建築できる土地を選んでくれます。地盤強化に砕石を使用すれば、排水性も良くなります。